トップページ > 電気に関する注意点

電気に関する注意点

ご家庭の電気器具にアースは取り付けていますか?

「アース」とは、電気を逃がす通路のことです。
電気器具にアースを取り付けておけば、万一漏電した場合にも電気を大地に逃す道が作られ人体に電気が流れるのを防ぐことができます。
洗濯機、冷蔵庫、エアコン、衣類乾燥機、電子レンジ、食器洗い機、電気温水器、その他水気や湿気の多い所で使う器具には、アースを取り付けましょう。

感電を未然に防ぐ漏電ブレーカー

漏電ブレーカーは、電気の配線や電気製品が不良となり電気が漏れると、すばやく電気を切る装置。分電盤にこれを取り付けておくと、ご家庭の電気設備や電気器具の漏電による感電などを未然に防止します。
なお、単相3線式配線の場合は、中性線(アース線)の接触が悪くなると電圧が不安定になり、電気器具が故障することもあるため、中性線欠相保護機能付きの漏電遮断器をお勧めします。

漏電について

電気の漏れを防止するため、屋内配線や電気器具には、あらかじめ絶縁物が取り付けられていますが、この絶縁物が老朽化で損傷したり、水をかぶったりすると、電気が漏れる「漏電」が起こります。漏電は感電事故や火災の原因にもなります。

感電について

漏電している電気器具に触れると、電気は本来の道筋ではなく、より電気を通しやすい人の体を通り大地に流れていきます。これが「感電」です。体に流れる電流が弱い時はショックだけですみますが、強い電気が流れた場合は、人命にかかわることもあります。